セロトニン不足の原因は3つが考えられます。

  1. 太陽に当たらない生活を送っている。
  2. 運動をしない。
  3. タンパク質を取らない。

太陽に当たらない生活を送っている。

朝日セロトニンは朝起きて太陽の光に当たると活性化されます。人間の脳は太陽の光で生活のリズムを保っています。

自律神経が副交感神経(リラックスモード)から
交感神経(仕事モード)に切り替わるのです。

私たちの脳は太陽の光を感じると
「今は昼間なんだな。お仕事モードにならなきゃ」

セロトニン 夜と、感じます。そして夜になると

「夜だからリラックスモードに入ろう」と、オン、オフの切り替えができるのです。

昼夜逆転した生活を送ったり、夜ふかしは自律神経の切り替えがうまくいかなくなり、セロトニン不足になります。

暗い部屋に閉じこもっていると、太陽を感じ
ないのでセロトニンがうまく分泌されません。
なので、常に暗い部屋にいる人は、引きこも
りの人が多いです。

人間はドラキュラじゃないのでしっかりと日に
当たりましょう。笑

運動をしない。

セロトニン リズム運動運動しないのもセロトニン不足の原因になります。

運動と言っても、筋トレや、アスリートのように
限界を超えるための運動ではなくて、セロトニンを
出すための運動です。

かなり、ゆっくりした単純な動きの運動、
ウォーキングやラジオ体操でもOKです!

朝のウォーキングやラジオ体操には、
セロトニンを活性化させる効果があります。

軽い運動を10分〜30分続けるくらいで充分!
それ以上やると逆にセロトニンの分泌が
悪くなってしまいます。

タンパク質を取らない。

トリプトファン 食事大豆や肉、魚などのタンパク質食品には「トリプトファン」というセロトニンの材料となる成分が含まれています。

トリプトファンを含むタンパク質を摂らなければ
セロトニンがカラダの中で生成されません。

セロトニンを増やすためにもタンパク質を
積極的に摂るようにしましょう。

トリプトファンは肉や牛乳は、血管の中で
固まりやすい飽和脂肪酸を多く含むので、
大豆から摂った方が健康にもいいです。

セロトニンが不足するとこんな症状が。。。

セロトニン不足セロトニンが不足する事によって、
日中も頭がボケーッとしたりします。

さらに、少しのストレスでうつ病や、
パニック障害を引き起こしてしまいます。
うつ病の薬はセロトニンを増やす作用があり、
セロトニンが少ない患者に投与されます。

逆にセロトニンが多すぎると、頭痛やめまい、
吐き気や嘔吐などの症状が出てきます。

 

セロトニン不足の解消方法!

  • 朝起きたら太陽の光を浴びる!
  • 運動をする!
  • タンパク質を取る!

この3つのポイントを3ヶ月間続けると、
セロトニンが出やすいカラダになります。

女性モデルプライベート・ビジネス無料写真9

セロトニンを増やすためにする事は、意外と地味ですが
毎日コツコツ続ける事によって体質が改善されていきます。

また、セロトニン神経は「溜める」ことができません。

「今日はたくさん日に当たってタンパク質も取ったし
リズム運動もしたから、明日はやらなくていいかな。」

というのはできないんです。毎日、続けることが重要です。

セロトニン不足は、この3つを改善すれば
ほとんど治せることができます。