質の良い睡眠に欠かせない
「ホルモン」があります。

ホルモンというと薬のような
イメージがありますがここで
登場するのは体内で作られるホルモンです。
そのホルモンとは「メラトニン」です。

夜のイラストメラトニンはまたの名を
「睡眠ホルモン」といいます。

それほどまでに睡眠や快眠に
大きく関わるホルモンなのです。

このメラトニンが増やす
ことができれば快眠を
得ることができます。

良く眠れるだけでなく
美肌の天敵、活性酸素を減らして
くれる働きもあります。

メラトニンを増やして、若々しくなりましょう!

メラトニンの役割は??不足するとどうなる?

松果腺の画像先ほどもいいましたがメラトニンとは体内で作られるホルモンです。

脳の松果腺(しょうかせん)というところから分泌されます。

 

 

メラトニンは朝、目覚めてから
14~16時間後に分泌が始まり、体を休ませる準備をします。

朝日を浴びるとそのスイッチが入ります。

朝、お日さまの光を浴び、日中は
活動。そして夜になると眠る。

という体内時計のリズムを
調整する重要な役割

担当しているのです。

メラトニン分泌が減る原因はいろいろあります。

不規則な生活リズムや運動不足
時差ぼけやストレス、ブルーライトの
浴びすぎや自律神経の乱れなどです。

ブルーライトブルーライトとはパソコンや
スマートフォンのディスプレイから
発生する光のことです。

現代人に多いのはストレス
不規則な生活リズム

そしてブルーライトの浴びすぎ

この3つではないでしょうか。

メラトニンの分泌が減ってしまうと
不眠の原因になってしまいます。

不眠だけではなく
さまざまな不調を引き起こして
しまいます。

メラトニン不足からの不眠から
生活習慣病のリスクも上がってしまいます。

そうなる前に!

メラトニンの分泌を良くして
毎日質の良い睡眠をとれるように
したいものです!!

メラトニンを増やしましょう♪

では続いてはメラトニンを
増やす方法について考えていきたい
と思います☆

まずは、不足の原因を排除することです。

ストレスの解消につとめ
規則正しい生活を送りましょう。

寝る前はパソコンやスマホから
離れて、リラックスです♪

そしてなるべく毎日同じ時間に寝起きし
朝起きたら、カーテンを開けて
朝日を浴びましょう。

朝日を浴びて体とメラトニンの
スイッチをオンにします
^^♪

昼間はしっかり活動します。

習慣的に軽い運動もぜひ取り入れて
欲しいと思います!

運動はてきどな疲労感を与え
快眠をうながすだけでなく
健康にも良いです。

メラトニンを増やすことを
重要視していえば、

ランニング「リズム運動」がおススメです!

ウォーキングや軽いダンスや体操
など一定のリズムでくり返しおこなう
運動はメラトニンを増やす効果があります。

朝、ちょっと早起きして
ウォーキングしてみませんか?

また、青色の波長はメラトニン
分泌をうながす効果があります。

メラトニンの生成の手助けになります。

さらに、精神や気持ちを
落ち着かせる作用もあります。

寝具やパジャマ、照明などに
青色を取り入れてみては
いかがでしょうか?

メラトニンを増やすには
食事も大切です。

メラトニンを含む食品に
ケール(含有量ナンバーワン!)
米、トウモロコシなどがあります。

ただし、不眠を改善するほどの量を
食物からとることはむずかしいです。

タンパク質メラトニンのもとであるトリプトファンもいっしょに多く摂ると良いでしょう♪

トリプトファンはアミノ酸の一種です。

赤身の肉や魚、大豆や乳製品
ゴマなどに多く含まれます。

これらの食品を積極的に摂りましょう。

最近の研究によると、メラトニンは
なんと発ガンを抑える
働きがあるとわかりました。

睡眠だけでなく、長寿ホルモンと
呼ばれる日が来るかもしれません。

メラトニン、どんどん増やしましょう!