リズム運動とは、激しいスポーツとは違い、
単調で一定のリズムを刻んだ運動を言います。

例えば、ウォーキング、ジョギングや水泳、
ラジオ体操、スクワットなどの激しくない
運動のことを言います。

リズム運動をすると脳が活性化して
セロトニンをドバドバ増やすことができます。

セロトニン リズム運動
また、深呼吸や食事をよく噛んで食べる事も
リズム運動になります。

深呼吸すると精神が落ち着くのは、
セロトニンが分泌されるからなんです^^

メジャーリーグでは試合中、ガムを噛む
選手が多いのは、セロトニンを分泌させて
緊張を和らげる効果があるためです。

オススメはよく噛むこととウォーキング!

セロトニン よく噛む一番簡単な運動は朝食をよく噛んで食べることです。
食事を良く噛むことは立派な運動のひとつです。

5分くらいすればセロトニンが分泌されます。

あ、ちなみに。。。。。。。。。

テレビを見ながら食事をするのはNG!

セロトニンの分泌が弱まるうえ、
消化も悪くなってしまいます。

セロトニン ウォーキングウォーキングもオススメです!
朝起きたら朝日を浴びながら10分ほど
ウォーキングすれば言うことなし!^^

前頭葉への血のめぐりが良くなって
脳を活性化させることができます。

 

リズム運動をする時の注意点

battenいくら負担の少ないリズム運動とはいえ
やりすぎると疲労が蓄積します。

リズム運動して10分〜30分経過すると
みるみるうちに血中のセロトニン濃度が
増えていきますが、数時間すると疲労が
蓄積されて逆にセロトニンが減ります。

セロトニンは疲労やストレスにより減少するので
カラダの負担にならないくらいの運動をしましょう。

ちなみに、夏と冬を比べると冬の方が運動した後の
セロトニンの血中濃度が高いことが実験によって
発表されています。

夏、暑い中で運動するとカラダが疲労しやすくなって
セロトニンの分泌が抑えられてしまうのです。