日常生活で抱えている、ストレスを
発散する為に、歯ぎしりや、くいし
ばる行為を人は無意識にしています。

歯ぎしりで顎がつかれている人は
ストレスが原因とされます(-_-;)

なぜ、ストレスで歯ぎしりなのか?

歯ぎしりのメカニズムはまだ不明です。
完治する治療がないのが現状なのです。

しかし、歯ぎしりの原因がストレス
とわかっているのですから、原因を
取り除くことが治療法になります。

ストレスを解消する方法として
リラクゼーションをしましょう。

寝る前のリラックスタイムを作り
ゆったりとして気分で過ごします。

大人のストレスの歯ぎしりの場合
自分で生活を振り返り、ストレス
の原因をさぐってみましょう!!

ストレス解消ストレスを解消することで、気分が
ゆったりすれば、しなくなります。

あまり、病気としてとらえないで
過ごすことも、大切のことです。

小さいとき、歯ぎしりをしたけど
今はしていない人も多いはずです。

また眠りが浅いとき、飲酒後に
歯ぎしりが起きると聞きます。

歯ぎしりの原因となるストレスも
浅い眠りも、根本的に必要なのは
「質の良い眠り」なのです(^^♪

ストレスを抑え、生活習慣を見直す
ことで睡眠が安定してくるのです。

睡眠が安定する、熟睡できるのです。
質の良い睡眠でストレスも解消でき
歯ぎしりを予防できるのですね!

「寝起きの時に顎の疲れがない」
安定した眠りで、実感できます!

歯ぎしりは睡眠のトラブルです。
質の良い眠りで解消しましょう!

歯ぎしりとは、上下の歯をギリギリ
とすり合わせたり、グッーと食いし
ばったりすることをいいますよね。

小さいとき、なんとなく歯ぎしり
をしたような経験がありませんか?

色々な経験をして、子どもなりの
防衛反応や、疲れからなるのです。

歯ぎしりを自覚している人の割合は
子どもで10%~20%で、大人5%~8%

高齢者では2%~5%とされています。
歯ぎしりは年齢と共に減少します。

歯ぎしりは遺伝性があるとも言われます。

歯ぎしりには、口腔異常習癖の一種
で3パターンもあるんです(^0_0^)

・グライディング
歯をギシギシと擦れあわせます。
一番多い、定型的なタイプです。

・クレンチング
上下の歯を「ググッ」とくいしばるタイプ
音が出ないので、気がつきにくいです。

・タッピング
歯ぎしり上下の歯を「カチカチ」かみ合わせるタイプ
力も大きくないので心配する必要はないです。

歯ぎしりには、睡眠中と起きている
時があり、起きてる時の歯ぎしりで

クレンチングやカチカチ歯を合わせる
タッピングの方が歯には悪影響です。

寝ているときより、起きている方が
長いのです。歯ぎしりは寝ている時
だけではないのですね。驚きです。

歯ぎしりの予防として、マウスピース
をすることも考えます、保険適用です。

口腔外科や歯科医で相談しましょう。
病院で自分にあった物を装着します。

精神的なものは心療内科や精神科で
精神安定剤で改善した人もいます。

歯ぎしりは、専門用語で「ブラキシズム」
といいます。どういう意味なのでしょう。

睡眠医学では「睡眠ブラキシズム」
という病気としてとらえています。

歯ぎしりは普段ものを噛む力の
何倍にもなるといわれています。

歯ぎしりが激しいと、咀嚼筋
(噛むときに働く筋肉)や顎間接
歯への負担が大きくなります。

強く擦られるために、歯の表面
が凸凹になってしまったり、かけ
てしまう場合も多くあります。

顎関節症になりやすくなります。

肩こりや頭痛の原因となります。

睡眠中の歯ぎしりは自分では認識
が難しいので、周りの人の注意で
はじめて歯ぎしりに気がつきます。

脳が休んでいる間に起こるので
歯ぎしりに気がつかないのです。

もし、自分が歯ぎしりをしていると
わかったら、早めに治療をします。

長くほっておくと、上記のように
歯に悪影響です。また顎関節症や
肩こり、頭痛になりかねません。