待ちに待った旅行、いまからワクワク
なかなか寝つけない、ありませんか?

そんな、興奮して寝つけない夜。

しっかり寝て、旅行に備えたいのに
どうしたら、熟睡できるのでしょう。

いつもどおりにすればいいんじゃないの?

泣きそんなこといったて無理、無理ですよ!

そんなに簡単に自分をコントロール
できるのなら悩んだりしませんよね。

人間はデリケートです。ちょっとした
事に心を乱してしまうものなのです。
コントロールできなくなるのです。

でも、楽しみにしていた旅行を寝不足
なんかで、出かけたくないですしねぇ。

まじめに対策を考えなくては・・・

旅行前に眠れないのは交感神経の興奮です!

自律神経には交感神経と副交感神経があり、
このふたつの神経が体のバランスを保ちます。

交感神経は心臓の鼓動を促進し血圧をあげます

副交感神経は心臓の鼓動を抑制し血圧を下げます。

交感神経では突然の緊急事態に対応させるように
副交感神経では体を休憩させるように指示します。

交感神経が働いていると、目が覚めています。
交感神経が活発になっているのが原因ですね。

旅行のことを考えるだけで、ワクワクして
心臓の鼓動が、活発に動いてしまうのです。

副交感神経、出番ですよ、落ち着かせて!
休憩を促す副交感神経の活躍が必要です。

鼻呼吸するとリラックス効果があります。
寝つき改善にもつながるとされています。

深呼吸
深呼吸をしましょう心拍数や血圧が下がり
体がリラックスして眠りモードになります。

もっともっと、副交感神経は働いてー!

教えちゃいますね、旅行前の眠れない対策

睡眠を管理する方法です、計画を立てる
旅行はいつ出かけるかわかっています。

旅行に行く前日の生活を管理しましょう。

☆出かける前日を睡眠不足にすることで
脳が興奮していても眠ることができます。

☆あまりカフェインを取りすぎないようする。

☆日中に、運動してエネルギーを消耗する。

☆寝る前に、パソコン、携帯、スマホ、TV
をあまり見ない。電磁波を避けましょう。

☆寝室の明かりは、なるべく暗くする。
明るい部屋では興奮してしまいます。

☆寝る前の食事はあまり食べ過ぎない程度
消化作用が働いて、体が目覚めてしまう。

空腹で眠れなくなっても、困ちゃいます。
そんな時はアーモンド、バナナ、牛乳です。

アーモンドに含まれるマグネシウムは筋肉
の緊張をほぐして睡眠を促してくれます。

バナナにもカリウムとマグネシウムが豊富
トリプトファンも豊富なので心を鎮めます。

トリプトファンは必須アミノ酸のひとつで
メラトニン・セロトニンを作りだす成分です。

牛乳にもトリプトファンが多く含まれます。

☆入浴はゆっくり、高温は避けましょう。

☆ホットミルクやハーブティーを飲むなど

☆アロマを炊いて気分をリラックスさせる
アロマのリラックス効果で、心地よい眠り
が手に入ります。もうご存知ですよね?

そう、安眠とアロマは常識なのです。

アロマオイルをポットで焚いたり、
コットンに数滴しみこませて枕元に。

不眠知らずな、私はラベンダーの枕を
愛用しています。(市販のものですが)

さわやかでフローラルな香りです♪
深いリラックスで安眠できるのです。

睡眠をコントロールするのは、日ごろから
睡眠を意識して、生活することが大切です。

生活習慣も重要です、不規則な生活はいけません。

しっかり寝て次の日に備える事が
出来れば「もう、あんしん」です。

リッラクス旅行の朝、さわやかな朝を迎えるために
前もって準備し、やれることを実行して
みてください。きっと安心できます(^^♪

熟睡し、スッキリ目覚めれば体調もOK!
ちょっとしたことでイライラしない時間
が持て、楽しい旅行となるのです(*^。^*)

きっと、活力のある楽しい1日となります。

旅は人生を豊かにしてくれます、さぁ出発!