なかなかすっきり朝、起きれないのです。

うたた寝してしまいどうもすっきり
目覚めることができない、なぜ??

どうすれば、うたた寝しないですっきり
目覚めることができるのでしょうか?

うたた寝?それは熟睡していないのです。

よーく考えてみてください、絶対原因が
あるはずなのです。うたた寝してしまい
すっきり起きられない原因がなんなのか?

生活習慣に問題があることは確実なのです。

ブルーライト夜遅くまで、つい起きていませんか?
パソコン、携帯に夢中になってませんか。

(スマホ、タブレットも同じです)

TVもそうですが、脳を興奮させてしまい
眠むれなくなって、しまう要因なのです。

眠る前に、たくさん食べていませんか?
消化にエネルギーが使われてしまいます。

疲れてしまい、寝たきにならないのです。

お酒は眠りを誘うようですが、最初だけで
だんだんと浅い眠りになってしますのです。

色々と原因がありますが、これが一番かも
「ストレス」です。ストレスは厄介者です。

個人差があって、なかなか難しいのです。
考えられる事は、こんなことでしょうか?

・不規則な生活
・アルコールの飲みすぎ

不安・仕事のしすぎ、休まない
・昼と夜が逆転している
・心と体に緊張が続く
・不安を常に感じる
・仕事に悩んでいる

など、まだまだあるかもしれませんねぇ。

そのストレスを解消すれば、すっきり
目覚める、うたた寝で起きれない!が

なくなり、「あぁーよく寝た!」と、
質の良い睡眠で熟睡できるはずです。

すっきりと熟睡して目覚めたいですよね。

人の眠りには、脳内物質のメラトニン
の分泌で、「もう夜だ、眠いなぁ」と

働いてくれるのです、そして睡眠モード
になり、ノンレム睡眠熟睡となるのです。

そして朝になると、太陽の光を浴びて
目覚めるわけです。寝室はなるべく窓

があるといいのですね、明かりを感じる
事が重要なのですから。 すっきり覚醒
できるような環境作りが必要なのです。

太陽の光、日光浴をすると、体はしっかり
覚醒して、昼間の行動モードに移ります。

そこでしっかり行動するころで、夜になる
と睡眠モードに切り替わるわけなのです。

その昼間の行動が、脳内物質セロトニンの
分泌を活発に促し睡眠ホルモンメラトニン
の分泌も活発にし、良い眠りになるのです。

セロトニンをドンドン作ることで、質の
良い眠りが手に入るのは間違いないです。

朝、太陽の光を浴びて、昼行動する。
この単純な生活スタイルが重要です。

この単純なバランスを生活スタイルや
ストレスで壊してしまう結果、いい眠り
が難しく、なかなか眠れなくなるのです。

さまざまなストレスを抱えているあなた!
とにかく是非、実行してみてください!

朝、太陽の光がわかる環境づくりです。

そして、1日10分位でも大丈夫です、
太陽の光を浴びるのです、日光浴です。

そして、日中運動をする。といっても
ハードな運動ではなく疲れない程度の
リズム体操や有酸素運動で大丈夫です。

まずは、1週間続けてみてください。

必ず、結果は現れてくるはずです(^^♪

質の良い睡眠を自分で、確信できます!

信じる物は救われる、ではありませんが。

この単純な生活スタイルを続けていて
いい結果が出ないことは無いはずです。

身をもって証明します、私自身の経験です。

太陽寝室のベッドの枕の位置は朝陽が入るように
東側の窓にしています。朝陽と一緒に目覚める事ができる環境です。
そして愛犬たちと30分の朝の散歩をしています。
 

朝目覚めて、すぐ太陽を浴びて覚醒します。
そして、疲れない程度の散歩(運動)を
太陽の光の下で、毎日必ずしています。

正直、眠れないはありませんし、目覚めも
すっきりと迎えています、確信しています。

よい眠りに必要な、脳内物質「セロトニン」
セロトニンがしっかり分泌していることを!