入眠障害は、まず生活習慣を
改善で克服していきましょう!

寝ようとしても寝られない布団
の中で、寝よう寝ようとすると
だんだん目がさえてくるのです。

この状態が、入眠障害ですねぇ。
日本で最も多いのが睡眠障害です。

障害というぐらいですから
病院に行って薬を処方して
もらったほうが早いかも?

でもそんなに薬に頼らないで!

漢方薬も睡眠薬も、薬です。

うまく眠れないから、すぐ薬に
頼ると、依存してしまいます。

また、薬は副作用の心配もあります。

これを飲めば、大丈夫となると、
なかなか、やめられなくなります。

腕組みできれば、どうして眠れないのか
じっくり考えて、改善しましょう。

入眠障害の原因を考えて、その
原因を少しでも削除することです。

入眠障害はほぼ、ストレスといわれます。
ストレスで自律神経が乱れるからです。

また体内時計の乱れから起きています。

このふたつに着目してください。
ストレスを解消、体内時計を正常することを目指してみましょう!

ストレスについて考えると・・

ストレスは現代社会に生きていて
どうしてもなくならないものです

ストレスが無いはありません。

ストレスとうまく付きあって
いかなくては、いけません。
解消方法を身につけるのです。

パンチそんなの難しいじゃないの?

大丈夫です、気持ちに余裕を
持ち、リラックスタイムを保
つように心がけてみましょう。

ストレスに縛られ、緊張して
いるのですから、深呼吸して
ゆっくり入浴もいいですよ!

入浴のときの注意として、あまり
熱いお風呂はいけません。興奮
してしまう原因となりますので。

寝る前に、アロマの香りを楽しみ
部屋の明かりは少しで落ち着かせ
温かい飲み物を飲み、眠りの準備
してみてください。音楽もOKです。

温かい飲み物はホットミルクや
ハーブティー、ココアがgood!

体内時計について考えると・・・
体内時計の乱れを正す方法とは

朝目覚めたら太陽の光を浴びて
昼間は行動しましょう、リズム
体操的な、数分~数十分の運動
をしてください。そして夜寝る。

それだけでも、体内時計は正常
になるはずなのです。人やペット
と触れ合うこともいいことです。

セロトニンの分泌を邪魔する物
としてテレビやパソコン、スマホ
など、電磁波は避けてください。

寝る前の読書をデジタル本では
はっきり言ってよくありません。

質の良い睡眠にはこの体内時計
を正常にすることがベストです!

体内時計が正常に働いてくると

眠りのホルモンメラトニンと
セロトニンが活発に分泌します。

脳内物質メラトニンとセロトニン
このふたつの脳内物質が質の良い
睡眠を与えてくれるのです(*^_^*)

ストレス、体内時計、このふたつ
意識して、自分の生活を見直して

みてください。少し時間をかけて
長いスパンで継続しましょう!!

生活習慣の改善は、ゆっくり時間を
かけて行い、急いではいけません。

そうすることで、眠りの質が上がり
入眠時になかなか眠れないが無くなり
ぐっすりと熟睡ができてくるのです。

夜になると自然に眠くなる、あたり
前の生活を自分でゲットしましょう!

その他、気になる原因があります。
入眠障害の原因として以下があります。

参照になるかどうか、あげてみました。
生活習慣の見直しだけではない物です。

疾患:気管支喘息、神経症、うつ病、統合失調症
症状:咳き込み、かゆみ、発熱、夜間頻尿、下痢、痛み環境:騒音、明るさ、温度、湿度
気持ち:不安、ゆううつ、心配、怒り
薬物など:降圧剤、甲状腺治療薬、コーヒー、飲酒

など入眠障害になってしまうのです。
病気は病院にいって治療してもらい。

花環境は必要に応じて、改善しましょう。
薬物などは、専門家と相談が必要です!

質のよい眠りで健康が保たれることは絶対です。
入眠障害なんて「さよなら」といきましょう!