睡眠にも良くて記憶力や集中力アップ!

近年、そんな「脳波」が注目を浴びています。
α波(アルファ波)です。

あなたも一度は耳にしたことのあることばなのではないでしょうか?
名前の由来は、人の脳波をはじめて記録したハンス・ベルガーという科学者が名付けました。

なので、ベルガー波ともいわれています。しかしながらα波の発生のメカニズムについては諸説あり、まだわからないことがほとんどです。

「十分な睡眠時間を確保しているのにスッキリしない・・・」

眠い女性

こんな経験はありませんか?
「目覚めが良いか悪い」は「睡眠の質」で決まってきます。

そして睡眠の質の良し悪しがアルファ波と大きく関わっています。
アルファ波はストレスを鎮めて良い睡眠のサポートをします。

そして、他にも脳波は4種類に分かれていてそのときの気持ちや健康状態が反映されます。

どんな性質なのでしょう?そしてアルファ波をたくさん出す方法とはどんなものでしょう?

α波が出ると右脳が全開になるので記憶力や集中力がアップ!

アルファ波は、脳波の中でもっともよく知られた存在と言えるでしょう。
α波が出るときは安静にしている・リラックスしている状態で出現します。

脳

脳波がアルファ波になると脳内では幸福感を感じやすくなるホルモンであるベータエンドルフィンが分泌されます。

ベータエンドルフィンには以下の効果があります。

  • ストレスを減少および解消する
  • 脳を活性化させ集中力や記憶力の向上
  • 免疫力のアップ、病気の予防

です。

そして、α波が出ると右脳がフル回転します。右脳の役割は喜怒哀楽をつかさどったり、感情や感性、イメージや直感力を上げてくれる役割があります。

記憶力や集中力を上げるのも「右脳」です。一方、左脳は論理的に考えたり、数字やことばで物事を判断するときに使う脳です。

なので、α波が出ている状態右脳を活性化されるとリラックスした状態になって記憶力や集中力が格段に上がります。

超一流のスポーツ選手や天才と呼ばれる人の右脳には、常にα波が出ています。彼らはパフォーマンスを常に全開にするために、どんな場面でもα波が出て「リラックスしている最高の状態」になっているのです。

アルファ波を出す4つの方法!

1、自然の音楽を聴く

アルファ波が出ているか見てわかるものではないですし、脳波の測定器を持っている家庭はそうそう無いと思いますので・・・笑

ここでご紹介するのはあくまでも

「アルファ波を出しやすくするコツ」

というとらえ方をしていただけると幸いです。

アルファ波といえば「音楽」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?
CDショップではアルファ波関連のいろいろな商品が販売されていますね。

とくに、効果的なのが「自然の音」です。

川のせせらぎや雨音、鳥のさえずりなどです。単調でリズムやテンポ音階に大きな変化がなく人の歌声や楽器の音色が入っていないものが良いです。

ピアノの音もいいです。

あまり変化が多いものや歌詞のあるものを聴くと無意識でも脳は活動してしまいます。

2、散歩をする

「散歩」が効果的です。

森外へ出て森や川のそばを散歩しましょう。

都会にお住みの方は公園などなるべく緑のある場所で散歩してください。

自然を感じながらの軽い運動は脳のリラックスや気分転換になりアルファ波がでやすくなります。

もうひとつは、外部との遮断です。
勉強や作業にアルファ波を出しつつ集中したいときに有効です。
ケイタイは電源オフにして腹具合は8分ほどトイレを済ませておいて勉強や作業にとりかかります。

思わぬ集中力を発揮できるかも!?

3、コーヒーの香りを嗅ぐ

実は、コーヒーの匂いを嗅ぐとアルファ波が出て集中力アップにつながるんです。コーヒーには脳の神経を刺戟する香り成分が含まれています。

コーヒー

この研究結果は「杏林大学医学部」古賀良彦教授が発表したものです。

コーヒーの香りが、人の脳に影響を与えることが分かった。それもコーヒー豆の種類によって効果が異なるという。脳波検査では高い数値が出ていて、集中力を高める効果があることが分かる。つまり、コーヒーの香りには、『リラックスさせてくれる香り』と『頭の回転を速くさせてくれる香り』がある、という結論に達しました。
出典:香りから生まれる、 「癒し」と「集中力」。

「カフェで勉強や仕事をしたほうが集中できる」という人は、脳がコーヒーの香りを求めているようです。

飲まなくても、香りを嗅ぐだけで集中できます。ぜひ試してみてください。

4、青魚を食べる習慣を

体の中で一番細い毛細血管が通っているのが「脳」です。

脳の細部まで血液が行き渡るとアルファ波を感じ取れやすくなり、頭の回転も速くなって集中力も倍増します!

そのために必要な成分が魚の脂「DHA」です。

青魚

牛肉や豚肉の脂はダメです。なぜなら牛や豚の体温は39度と、人間の体温より2〜3度高く脂が溶ける温度が高いので、人の体に入ると血管に脂が入ってしまい、詰まりやすくなってしまうのです。

魚の体温は融点が低く、人間の体に入って血液へ流れると、悪い脂を流してサラサラにしてくれます。いわし、サバ、サンマを食べるようにしましょう。

料理法は、お刺身で食べるのが一番ですが、焼き魚でも大丈夫です。

2日に1食は青魚を食べるようにしましょう。

手軽にアルファ波を高めたいならサプリメントがおすすめ

「きなり」というDHAサプリが集中力や記憶力向上にはおすすめです。

きなり

マグロの刺身5人前のDHAと、ビタミンEの1000倍の抗酸化作用を持っている「アスタキサンチン」という成分が入ったサプリです。

α波を引き出してリラックスしたい人、仕事で集中したい人、記憶力をあげたい人に大人気です。

>>α波を上げる!きなりの詳細はコチラ!

まとめ

  • α波が出ると右脳が全開になるので記憶力や集中力がアップする。
  • 自然の音楽を聴く
  • 散歩をする
  • コーヒーの香りを嗅ぐ
  • 青魚を食べる習慣を
  • サプリメントを飲む