脚の不快な感覚で
夜、眠れないことは
ありませんか?

ムズムズとかゆいような?
ちりちりとした痛み?

もしかしたらそれは・・・

「むずむず脚症候群」かもしれません!

聞きなれない病名だと思います。

まだあまり知られて
いない病気です。

むずむず脚症候群とは
足裏やふくらはぎ
太ももなどに

不快感が発生して、じっと
していられなくなる病気です。

眠っている間によく
起こり、やがて不眠へと
つながっていきます。

重症化すると日常生活に悪影響が出ます。

くわしい症状や
原因、対策について
学んでいきましょう!

ナゼ起こる?むずむず脚症候群

原因は何なのでしょう?

一次性(原因がよくわからないもの)と
二次性(他の病気や薬物によるもの)
に分類されています。

おんぷ脳に運動機能に関する指令や情報
を送るホルモンがあります。

それはドーパミンです。

このドーパミンの機能や伝達
回路に異常がある場合起こると
考えられています。

他にも遺伝鉄分の不足などが一次性の原因です。

二次性のものは、貧血や妊娠
糖尿病や腎不全、リウマチ
などの病気が原因のものです。

薬物では抗うつ剤や
抗ヒスタミン剤(アレルギー治療薬)です。

つづいては症状についてです。

ひとくちに不快感といっても
人によってその症状はさまざまです。

痛みやかゆみ
くすぐったい感覚やほてり
などがあげられています。

虫がはっているような・・・
と表現する人もいます。

大きな特ちょうとしては

[colored_box color=”light‐red” corner=”r”]1、じっとしている時や
横になっている時に起こる

2、夕方~夜にかけて起こる[/colored_box]

この2点です。

1に関しては、同じように
じっとしていても他に何かしている
時には症状が出にくいようです。

仕事などに集中している時は起きません。

夕方から夜にかけて起こる
ので、むずむず脚症候群の人は
寝不足になりやすいです。

睡眠不足はそれ自体も
つらいことですが

昼間の眠気や注意力の低下

さらに重症になると
うつ病の原因にもなりかねません。

症状としてはあまり
深刻ではないかもしれません。

しかし、長い目でみたら
治療が必要なのは
おわかりいただけたと思います。

むずむず脚症候群の治し方

むずむず脚症候群の症状が
出た時は足を動かすと
症状が軽快したり無くなったりします。

脚をさする、たたく
または歩くといった行動です。

「え、解決??」

いいえ!残念ながらこれは
その場しのぎの対策でしか
ありません。

症状が重ければ病院で
治療を受けたほうがいいです。

この病気は一般人
だけでなく医療関係者の間でも
認知度が低いのが現状です。

神経内科睡眠外来のある
医療機関を受診しましょう。

早めの受診がおススメです!

指差し軽いものであれば自分で改善
できるかもしれません。

ズバリ、生活習慣の見直しです!

鉄分不足があてはまる
方は鉄分を意識した
食生活に☆

サプリで補給しても良いでしょう。

ニコチン、アルコール
カフェインはむずむず脚症候群の
原因と考えられています。

お酒、タバコ、コーヒーは
ひかえめにしましょう。

その場しのぎの対策に
脚を動かす、とありましたが

運動も効果的です(^-^)

脚をしっかり動かして運動
することで血行が良くなり
筋肉の感覚も良くなります。

ウォーキング軽いウォーキングや
ストレッチをはじめてみては
いかがでしょうか?

ストレス解消にもなります☆

血行を良くすることは
むずむず脚症候群の治療以外
でも健康に欠かせないことです。

入浴はシャワーでなく湯船に
つかって身体を温めましょう。

むずむず脚症候群は認知度
こそ低いものの、潜在的にたくさん
患者がいると思われています。

子どもからお年寄りまでかかります。

とくに30~40歳前後の
女性に多いというデータが
あります。

不眠気味で、思い当たる
症状があれば早めの対策を!!