睡眠障害を持っている人が
睡眠薬を服用しています。

薬を頼ることで睡眠を得られる
どうして、そうなってしまった?

原因はさまざまだと思います。
でも、薬を長く飲み続ける事

はなるべく避けなくては体に
悪い結果が生じてしまいます。

睡眠障害とはいったいどんなこと?

よく眠れない、不眠症です。
不眠症とは、睡眠の長さに

かかわらず、熟睡できない
状態が続く続くことです。

そのため、心身に不調が現れる
のです。ことを不眠症といいます。

4睡眠障害は4種類あります。
☆入眠障害
・なかなか眠れないが、一度寝ると朝まで寝れる。

☆途障害
・寝付けるが、眠りが浅い、すぐ目が覚める。

☆早期障害
・起きる2、3時間早く起きてしまう、その後眠れない。

☆熟眠障害
・眠っているつもりだが、寝た気がしない。

依存これらの障害が長続きして、
睡眠薬に頼ることになります。

睡眠薬は薬ですから副作用が
あります。また睡眠薬に頼り、
なかなか手放せなくなります。

薬はやめなくてはいけません。
睡眠薬をやめる方法はあるの?
睡眠薬をやめる事はできます!

では、どうしたらいいのでしょう?

薬に頼らない体作りをするのです。

眠りのメカニズムを覚えましょう。
脳が眠りと覚醒を導いています。

眠りの脳内物質、メラトニンです。
覚醒の脳内物質、セロトニンです。

このふたつの物質が睡眠には必須です。

睡眠薬を常用している人は思って
います、薬なしでやすみたいと・・

睡眠薬に頼らず、ぐっすり寝ることは

脳内物質のメラトニンとセロトニンの
分泌をよく促さなくてはいけません。

薬に頼らず、このふたつの脳内物質を
どうしたら、よく分泌できるのか?

お答えしましょう、生活の見直しを
してみてください。何、それ?って
思いましたか?でもそれが答えです。

睡眠に必要なメラトニンとセロトニンは
「規則正しい生活」で手に入るのです。

眠れないからと睡眠薬にすぐ頼るのではなく
ゆっくりと自分の生活の見直しが必要です。

質の良い睡眠を手に入れるためには
「朝目覚めて、昼行動し、夜は寝る」

このスタイルを繰り返すことなのです。

また、時々スキンシップも大切!

簡単そうですが、なかなかうまく
いかないのですね!難しいのです。

現代人は、眠らないわけではない
のですが、24時間、世の中が

眠らないのです。いつでも行動
できてします。不規則なのです。

自分でしっかり、決めなくては
ダラダラと流されてしまいます。

睡眠薬をやめると決めるのです。
自分のために覚悟するのです。

朝目覚め、太陽の光を浴びると
人間の体内時計が「朝だよ」
と脳も体も動きだすのです。

この時、脳内物質のセロトニンが
現れて、昼間の行動を促します。

太陽の朝陽を浴びて散歩すると
いっぱい、セロトニンが分泌し、
仕事もバリバリとこなせます。

また、リズム体操ぐらいの運動
がセロトニンにはいいのです。

セロトニンはデリケートで過剰な
運動をしてストレスを感じると
分泌が減少してしまうのです。

セロトニンの分泌を増やせば、
眠りのホルモン、メラトニン
の分泌を活発
にできるのです。

セロトニンの成分がメラトニン
になるといっても過言ではない
のです、表裏一体なのですね!

眠りのメラトニン、覚醒のセロトニン
が活発にドンドン、分泌してくれば、

もう、眠れないなんて事はうそです。
夜になると自然に眠くなるのです。

目覚め朝になると、目覚めるようになるのです。
質のよい眠りで、朝からやる気も沸いて

昼は積極的に行動するようになるのです。

睡眠薬をやめて、規則正しい生活で
「質の良い睡眠」手に入れましょう!

生まれたときから「睡眠薬を服用」する人
はいません、生活を戻すが、正しいですね。

質の良い睡眠でぐっすり眠れるように
なれば、思い悩むことはないのです。

ストレスを感じることもなくなるはずです。