時差ボケは「体内時計」が
狂ってしまう結果です!!

出発時の体内時計と(日本)
到着時の体内時計と(現地)
の差で現れるのです。(差)

ヨーロッパのフライト時間は、
12時間ぐらいで時差が-9時間

ハワイのフライト時間が7時間
ぐらいで時差が-19時間です。

ハワイはヨーロッパよりも時差
ボケが出やすいのです。(T_T)

フライト時間が短いのに、
時差が大きいと時差ボケは
非常に出やすくなるのです。

飛行機体内時計のズレが生じるのです。
到着時刻にあわせて行動すると

睡眠と覚醒のバランスが崩れて、
からだと心に不調が出てきます。

海外旅行にいって時差で困った
経験はありませんか?(ーー;)

時差ボケには個人差があって、全然
問題ない人もいます。差があります。

大体の方に、時差が4時~5時間
あると症状に出てくるようです。

よく朝型人間と夜型人間と比べる
と朝型人間がかかりやすいです。

★時差ぼけはどんな症状なのか?

・不眠、眠気
・頭痛、めまい、目の疲れ

・食欲不振、疲労感
・時差ぼけが重い場合は、消化器の不調
・心身の不調

ドクター★時差ボケを簡単に治す方法でーす!

・睡眠と関係深い、体内時計です!

体内時計を現地にあわせてコントロールします。

飛行機に乗った時に、現地時間に合わせる。
現地の時間を意識して過ごすことが大切です。

現地につく時間が何時なのか、しっかり計算します。

到着時間が夜でしたら、機内では寝ないで過ごします。
現地時間に合わせることが重要なポイントなります。

到着時間が、活動時間、朝、昼の場合は
機内でゆっくり寝て過ごしましょう。

機内での雑音で眠れない場合は、耳栓な
どで、眠りの妨げを取り除きましょう。

フライトする前に太陽の光を浴びると
体内時計が行動する時間と間違えて
睡眠モードになりにくくなりますので、

太陽の光を浴びるのを控えましょう。

液晶画面をあまり見ないようにします。
ブルーライトは脳を刺激してしまいます。
睡眠を邪魔します。(スマホ、タブレット)

・出された機内食は、なるべく食べましょう。

機内食のタイミングは基本的に到着時間を考慮
して出されています。しっかり食べてください

・現地に行く前から、現地での時間を把握する。

ひどい時差ボケを一度でも経験した方は
出かける前から、現地の時間に合わせて
行動することが、あとあといい結果です。

また、ひどい時差ボケで、困った人は、
現地到着の2、3日前から、日本の生活

で太陽の光を浴びないで、外出を避ける
外出時はサングラスで日光を避けます。

時差ボケは体内時計の調整が不調で
なるのです。体内時計は太陽のひかり

を浴びるとコントロールされています。

★現地に到着したら、絶対行いましょう!

・現地に到着したら、さっそく太陽を浴びる。

体内時計は太陽に光によってリセットされます。
現地では太陽の光(日光)を極力、浴びます。

・行き先の時間に合わせて行動し、
日中は外出し、太陽の光に浴び

体を疲れさせ、夜は、じっくり
寝ることが、重要なのです(*^_^*)

・旅先で眠れないないのは、興奮して
いたり、が原因です。ゆっくり入浴
したり、音楽を聴いたり、リラックス

してください。少しのアルコールも
心も解放されて、落ち着くはずです。

飲めない方は、ハーブティーなどもOK!

考えるせっかく、飛行機に乗って遠い異国に
来たのです。いつまでも、時差ボケで
は、情けない話です。楽しめません。

出国したり、入国したり、環境の違う国で、緊張していてすぐ慣れることは大変です。でも何処にいっても太陽の光を浴びることはできるのです。(^^♪

★時差ボケは簡単に解消できるます!!
太陽を浴びて、体内時計を調整しましょう!

簡単すぎるなんて言わないでください。
多数の方が経験し、実感していますよ。