コーヒー飲んでも、すぐ眠くなるし、
絶対、今日こそは、寝ていられない!!

寝ては、大変、今日は寝ないと思っても

眠気覚ましとして知られていたコーヒーは
今では、効き目がないと思われてませんか。

カフェインが多く含まれているので、覚醒
してくれるように思いますけど、案外慢性

的になってしまって効かないようですよ!

人によっては、寝る前の一杯でも効く場合
もあります。寝たくない人にとっては羨ま
しいかぎりです。そんな体になりたいです。

コーヒーのカフェインが効かない人って?

なぜ、コーヒーが効く人と効かない人
分かれてしまうのでしょうか?習慣にな
っている人、朝、食後、午後のお茶に、

コーヒー飲みすぎ夜と1日、数杯飲んでいたら、コーヒーの
カフェインなんか簡単に効かなくなります。

コーヒーに含まれるカフェインは1日何回
も飲むことで、体が慣れてしますのです。

またコーヒーの入れ方や、コーヒーに含ま
れるカフェインの量にも関係してきます。

また、寝不足だとコーヒーのカフェイン
の効き目が、残念ですが薄れるのです。

カフェインやアルコールなどの嗜好品は
どうしても依存します。カフェインの
依存症になっているのかもしれません。

コーヒーの依存でカフェイン効果の
覚醒作用が鈍くなっているのです。

コーヒーのカフェイン、覚醒効果の
眠気を覚ます効果を期待する場合は

普段から何杯も飲んでいる人、中毒
ぽい人の場合は、難しいのです?

コーヒーのカフェインが全然効かない
のは、寝不足で、コーヒーに依存して
いるからといっていいでしょう!!

コーヒーのカフェイン効果を引き出す方法

1日、1~2杯を楽しんでいる人
コーヒーを飲んで、覚醒効果はあり!
と言って大丈夫でしょう。効果大です。

また、コーヒーを飲む時間帯にも関係します。
コーヒーカフェインを上手に発揮させるには

体内のたんぱく質などをエネルギーに変える
ホルモンが活発な状態の時間では、なかなか
コーヒーカフェインは100%発揮しません。

ホルモンの分泌が多く出る時間帯を避ける
ことが必要です、朝8時から9時、正午~
13時、夕方5時~6時という時間です。

食事後、すぐ飲むコーヒーより、2、3時間
後が効くのです、試して見る価値はあります。

眠くなったら、飲んでみるのも効果ありです。

コーヒーのカフェインは眠気を邪魔します。

コーヒーを利用して、眠気をなくす為には
体調と、飲む回数、時間帯、と注意が必要

普段から、寝不足でない人が、1日2杯
ぐらいコーヒーを飲む人が、眠くなった

時に飲めばきっと、コーヒーカフェイン
は効果を発揮してくれるはずです!!

眠くならないために、適度なカフェイン
を用いて、脳に刺激を与えてください。

眠気をコントロールするできるように
普段からの体調管理も大切になります。

眠気に耐えられない人の多くは、睡眠
時間が少ない人、また就寝時間、起床
時間が不規則な人に多くみられます。

また、昼寝もオススメなのです。眠気
を覚ますには、一番効果的かも!?

昼寝の後のすっきり感、知ってますね。

何時間もするのではない、数十分で
すっきりと、眠気がなくなります。

忙しくても1時間に1回静かに目を
閉じるだけで、脳の疲れがとれます。

コーヒーカフェインと同じ効果がある
ハッカやミントのメントールを利用す
るのも眠気を取り除いてくれますね。

ガムガムを噛む、硬い物を、奥歯でグーッと
かむことも刺激があり効果があります。

肝心なときに、寝てしまい失敗しない
ように、コーヒーのカフェインに依存
しないとり方をしていきましょう。

普段から質の良い睡眠をしていれば
眠気をコントロールできるのです!

コーヒーの眠気覚まし効果が期待できます!
コーヒーを飲んですっきり行動しましょう。