ノルアドレナリン
とは、神経伝達物質(ホルモン)の一種です。

ドーパミン、セロトニンと
並んで3大神経伝達物質
呼ばれています。

自律神経にはたらきかけ
脳や体を覚醒させます。

ストレスに反応して分泌されます。

動物が危険を感じて戦うか
逃げるかを判断する
アドレナリンと少し似ていますが

ノルアドレナリンはとくに
精神や人間関係、環境ストレスに反応します。

この、ノルアドレナリンが
アドレナリンと
大きく異なる点は

集中ノルアドレナリンがほどよく分泌
されることによって

できどな緊張感を持たせ、
集中力やパフォーマンスを
向上させる
という点です。

また、経験したストレスを学習
記憶して再び同じストレスを
受けたとき、順応させる効果
もあります。

わかりやすくいうと・・・

ため息新人俳優がデビュー作ではガチガチ
に緊張してしまい・・・

ぎこちない演技しか
できずに終わったものが

場数を踏んでいくと慣れて
きて素晴らしいパフォーマンス
を見せることができる!

といったところです。

大事なプレゼンに
試験や面接・・・

こんな場面では緊張しすぎず
そつなくこなしていきたい
ものですね(*_*;

ノルアドレナリンの分泌が
バランス良くおこなわれていれば

ストレス耐性や判断力が養われ
危機的状況に強く、
リーダーシップも発揮しやすくなります。

「性格形成ホルモン」とも呼ばれます。

今回はノルアドレナリン
についてくわしく
見ていきましょう!

不足すると・・・?

ノルアドレナリンが
良い効果を生むときは

バランス良く分泌されている

ことが条件です。

不足してしまうと
ストレスに弱くなります。

ほかにも、やる気や物事への関心
がなくなる、ぼーっとする
注意力や判断力が落ちてしまいます。

継続すると、うつ病になります。

不足する原因としては
「逃げ場の無い、長い期間のストレス」が多いです。

職場や学校などで嫌な上司や
先生がいても

その環境を変えることはむずかしいです。

そうしたストレスが続くことに
よって、いつの間にか
ノルアドレナリンが減っていくのです。

逆に過剰に増えすぎて
しまうと、攻撃、感情的に
なりやすくなってしまいます。

先ほどもいいましたが、大切なのは
バランスです!

バランス良く分泌する手助けに
なるホルモンがあります。

それは・・・続く。

ノルアドレナリン不足の救世主とは!?

ずばりセロトニンです。

ノルアドレナリンと並ぶ
3大神経伝達物質のひとつ
でしたね。

この3つは互いに影響しあいます。

セロトニンを増やすことで
ノルアドレナリンが不足
および過剰になるのを防ぎます。

セロトニンを増やすには
規則正しい生活がイチバン!

それから、ストレスを
減らすこと
です。

好きなことに没頭できる
時間を少しでも
作ってください。

運動もおススメ!

運動はストレス解消
耐性をつける効果が
期待できます。

てきどな睡眠も欠かせません。

睡眠不足の状態では
ストレスを受けやすいです。

なるべく午前12時までには
ベッドに入り
6~8時間は
睡眠をとりましょう。

食生活も見直しましょう!

肉、野菜、魚・・・
とバランス良く栄養を
摂るのは大前提ですが

フェニルアラニンチロシンはアミノ酸の一種で

ノルアドレナリン増加に
効果的です。

フェニルアラニン、チロシンともに

多く含まれている食品は
牛乳、大豆、かつおです。

やる気が無い・・・と感じたら
okこれらを積極的に食事に
取り入れてみてください。

ちなみに、これらを多く含む
食物を食べすぎてしまっても

ノルアドレナリンが過剰に分泌
されることはありません。
安心して食べてOKです☆

なにかとストレスの多い
現代社会ですが

頑張るとき
リラックスするとき
メリハリつけて、乗り切りましょう♪