二度寝の後味の悪さ、経験ありますか?

目が覚めたあと、夢と現実が交差している

体もすっきりしなくて、重たい感じです。

こんな状態になるのですから、二度寝は
心身ともに負担がかかり、よくないです。

「二度寝はやめましょう!」

二度寝しない方法って?簡単です!
「しない」のです、簡単ですよね?

答えにならないと怒らないで!!
二度寝をして気持ちいいのでしたら
簡単に「しなければいい」ではいか

ないですよね、いいことを禁止する
ことは人間にとって誘惑的、困難
ですが、後味が悪い二度寝ですよ。

「しなければいい」のですね!

なぜ二度寝してしまうのでしょうか?
原因を考えてみると、私の場合は。

・早く起きすぎたので、もうちょっと

・今日はお休みだから、もうちょっと

といった感じでしょうか?当ってます?

人によってさまざまな答えがあります。

ねれない体の調子がイマイチで、なかなか眠れず
目が何回も覚めてしまうこともあります。

ぐっすり寝ていないので、二度寝をする。
ぐっすり寝られない、が問題なのですね。

ぐっすり寝られない、質の良い睡眠
ではない方は、この二度寝を繰り返
すことになります、改善しなくては。

放置していると、睡眠障害になります。

「二度寝しない」、方法とは!

二度寝予防にはぐっすり寝ることです。
「規則正しい生活をする」ことです!

生活のリズムを正しく、朝、昼、夜
の過ごし方が問題になってきます。

朝:「朝陽」の光で起きる
昼:体と動かす、行動する
夜:10時~2時の間は寝る

この生活を意識しているだけでも
絶対、眠りの質は上げられます。

朝、目をさましたら、太陽の光を
浴びることが重要です。太陽の光
で、「朝だよ!」を体に教えます。

太陽の光(日光)を浴びるのです。

カーテンを開けて「おはよう!」と
声を出すのは効果があるようです。

眠りからしっかり覚醒するのです。

すっきり目覚めることで、脳と体が
起きるのです、昼の行動になります。

昼間の活動がよくされたかどうかで
夜の眠りが「質の良い睡眠」となり

夜中、何回も起きることがなくなり
ぐっすり、熟睡に導いてくれます。

一度の眠りで十分なのです、後味が
悪い「二度寝」は必要ないのです。

生活改善、規則正しい生活をする
朝目覚め、昼行動し、夜寝る習慣
です。人間のプログラムなのです。

現代人は24時間、好きな時間に
好きなことができる環境ですね。

もしかしたら、一日中、太陽の光
に当たっていないなんてことも?

あるかもしれません。その生活
は見直さなければいけません!

昼夜逆な生活や、太陽の光を
浴びない生活を繰り返すと体

に異変が現れます、睡眠だけ
ではすまなくなります。(-_-;)

ちょっと専門的はお話ですが
「二度寝しない」ためには
メラトニンの分泌をよくする!

睡眠ホルモンメラトニンです。
もう、しっているでしょう?

脳睡眠を操っているのは脳なのです!

脳内物質、メラトニンとセロトニン!

メラトニンは夜になると分泌されます。
昼の活動が活発に行われないと減少し

てしまいます。メラトニンの分泌は昼
の行動にかかってきます。表裏一体!

しっかり昼行動することが重要です。
目覚めたときから、朝陽を浴びた後

セロトニンが、昼間、活発に
脳と体を行動させてくれます。

夜はメラトニン、昼はセロトニン
このふたつの脳内物質の分泌で、

人間は「質の良い睡眠」をゲット
できると言って間違いないです。

メラトニンとセロトニンの分泌を
よくするためにも規則正しい生活
を送ることが重要、必須なのです。

質の良い睡眠によってぐっすり
眠られ「二度寝しない」となり

一度の睡眠ですっきり起きること
ができるのです。後味のわるい
二度寝とさよならしてください。

朝目覚め、昼行動し、夜寝る
しっかりこの習慣を手に入れて
「二度寝しない」宣言です!!