「歯ぎしりがうるさいよ!!」

なんて家族に言われたことは
ありませんか?

自分自身では自覚が無くても
周りの人にとっては睡眠を
ジャマする嫌な音
です。

困る「いびきとちがって呼吸が止まる
こともないし、放っておいても
いいんじゃないの?」

こう思うかもしれません。

ですが、歯ぎしりってなぜ
起こるか知っていますか?

「これはクセだから・・・」

とあきらめて放っておいたら
怖~い結果が待っているかも
しれません・・・

今回は歯ぎしりの原因や影響
そして対策につスポットを当てて行きます!

歯ぎしりの正体と原因!

歯ぎしりとは上下の歯を
すり合わせたり、食いしばったり
することを言います。

専門用語では「ブラキシズム」といいます。

意識のあるときは歯ぎしりすることは
できず、眠っているときにだけ
起こるのが特ちょうです。

医学界では「睡眠時ブラキシズム」
呼び、病気と位置づけられています。

原因のほとんどがストレスです。

考える女性お仕事や人間関係で悩みや
不安はありませんか?

睡眠中、無意識のあいだに
歯ぎしりや食いしばることで
ストレス発散をおこなうのです。

ちなみに子どもも歯ぎしりを
することがあります。

子どもの場合は、永久歯に
生えかわるため成長にともなって
あごが大きくなります。

このとき、乳歯にすきまができ
噛み合わせが悪くなるために
歯ぎしりすることがあります。

なので、子どもの場合心配はいりません☆

また、噛み合わせが悪い
場合にも歯ぎしりが起こります。

これが2番目に多いです。

歯並びが悪い、抜歯後、あごの
筋肉バランスが崩れている、虫歯
の治療中での詰め物が合っていない

などが考えられます。

この場合は、歯科クリニックで
相談するのがベストです。

アルコール 酒喫煙やアルコールも歯ぎしりの
原因になるといわれています。

喫煙の場合睡眠中のニコチン不足による
不安感から歯ぎしりが起こります。

アルコールは摂取することで
呼吸を乱し、眠りを浅く
してしまいます。

これ自体がストレスになります。

そして浅い眠りのときほど
歯ぎしりは起こりやすいのです。

喫煙も飲酒もほどほどにしましょう!

また、逆流性食道炎という
病気を知っていますか?

これは胃酸が逆流し、食道が
炎症を起こすものです。

胸やけやゲップ、苦い水が上がる
胃の不快感や腹部の張りなどが
おもな症状です。

歯ぎしりの原因のひとつです。

胃酸の逆流が起きると
口の中が酸性になります。

横になっていると逆流しやすいです。

それを中性に戻そうと
歯ぎしりをして唾液を
分泌しようとするのです。

これが原因の場合、逆流性食道炎
の治療をすれば歯ぎしりは解消です。

放置はキケン!?対処法は?

歯ぎしりの放置は歯を弱めてしまいます!

歯がすり減り、歯が痛む
欠けるなどの状態
になることがあります。

食いしばっているとき
奥歯にはナント約70kgもの
力が加わっています。

ちなみに私、自身の歯ぎしりの
音と歯が砕けて大出血した夢を
見て青ざめて目覚めたことがあります(@_@)

歯がすり減っている
ヒビが入ったままでいると

虫歯や歯周病の進行

顎関節に異常をきたし
口が開かなくなる、などの
状態を引き起こします。

対策としては、まず
ストレスをためないことです。

ストレスの解消を心がけてください。

歯ぎしりをする人の多くは実は
起きている間も無意識に歯を
食いしばったり口をかたく結んでいたりします。

これに気づき、クセにならないよう
意識してみてください。

歯ぎしり用のマウスピース
も市販されています。これを
試してみても良いでしょう。

「どうしても治らない!」

という場合、歯科クリニックでも
ドクター相談を受けてくれます。

簡単な検査を受けられ、顎の形に
合ったマウスピースを
選ぶことができます。

歯のダメージも診てもらえる
ので、歯科の受診もおススメです。

「たかが歯ぎしり・・・」

と思っていると、痛い目に
あってしまうかもしれません!

早めに対策をとりましょう!