病院での、うつ病治療の代表的なものとしてアロマ、ハーブによる治療があります。

薬とは違って副作用が少ないのが大きな特徴です。
今回は「パッションフラワー」というハーブのお話です。

パッションフラワーの画像

パッションフラワーはうつや不眠などの症状に
効果があります。

和名を「トケイソウ」と言います。
パッションフラワーはトケイソウ科に分類される植物の
総称です。

3つに分かれたおしべが時計のように見えることから
この名前がつけられました。

中央・南アメリカの熱帯地域が原産です。
挿し芽で簡単に増やすことができるので観賞用として
世界中で愛されています。

昔からその効果は知られていて「植物の精神安定剤
と言われるほどです。

アメリカ先住民も使っていました。

1500年代にスペインで使われはじめ、ヨーロッパなどに
普及していきました。

現在、ドイツでは医薬品として認められています。

パッションフラワーと呼ばれる
植物は500種類以上あります。

中でもチャボトケイソウというパッションフラワーが
一番効果があるんです!

うつに対する効果

パッションフラワーには
ハルマラ・アルカロイド
という物質が含まれています。

さらにその中に「ハルマリン
という向精神成分があります。

この成分により、抗うつ作用があります。

心臓の動きの規則性を保ち
心臓への酸素を送る動脈を
拡張するはたらきがあります。

このはたらきから、精神安定
さらには血圧を下げる効果があります。

不眠にはこんな効き目が

パッションフラワーにはその他
アルカロイドフラボノイドという成分があります。

そのため、強い鎮静作用があります。

交感神経の中枢に直接作用し
高い効果をもたらします。

神経性の不眠に特に効果的です。

不眠の女性画像

作用は穏やかなので
依存の心配もありません。

なので幼児やご高齢の方でも
安心してお使いいただけます。

しかし、パッションフラワーの
成分の中には子宮を縮ませる
作用があるものがあります。

妊娠中の女性は使用できません。

血圧を下げる作用もあるので
低血圧の方も注意が
必要です。

どうやって摂取するのがおススメ?

パッションフラワーは
サプリやハーブでの摂取が可能です。

パッションフラワー単体では
クセが無くシンプルな味に
なっています。

一緒にとると効果がより良くなる
ハーブもあります。

なので、ハーブティーでの摂取がおススメです。

ハーブティーの画像

バレリアン、レモンバーム
カモミール、セントジョーンズワート
などと組み合わせて飲むと◎です☆

どのくらいが目安?

サプリの場合は、サプリの
パッケージにある用法用量を
守って服用してください。

ハーブティーの場合はカップ1杯を
1日3回食後に飲みましょう。

どちらも最低2週間は試してください。

それでも効果や改善が
見られない場合は、他の
方法を考えても良いでしょう。

普段飲んでいるお薬のある方
アレルギーや持病などがある方は

専門家やかかりつけ医に
相談してから使用して
ください。

どこに売っている?

サプリの場合は全国の
ドラッグストアや通販などで
買うことができます。

ドラッグストアの場合は
規模が大きい品揃えが豊富な
店舗がいいでしょう。

そのほか、ハーブティーの専門店や

輸入食品を扱うお店などで
買うことができます。

いずれも、知識の豊富な
スタッフがいるところなら
安心です。

くわしく相談にのってもらえます。

通販の場合は、ごくわずかですが
質の悪い商品を売る悪徳業者も
存在しています。

購入の際には十分注意しましょう。

まとめ

パッションフラワーはうつなどの
精神症状のほかにも

肝機能障害やぜんそく
外傷や痛み、ヤケドといった
外科症状にも効果的です。

幅広い薬効を持つ
パッションフラワー、ぜひお試しあれ☆