はよくある体調不良のひとつです。

そんなありふれた
「咳」ですが
起こる原因や

咳が症状である病気は
たくさんあります。

日中はなんともないのに
夜間、寝ようとすると
咳が出てなかなか眠れない!

ということはありませんか?

寝ようとしている
ときの咳はツラいものです(T_T)

ほうっておくと
不眠の原因になって
しまうかもしれません。

そもそも咳はのどや
気管が外部からの刺激
による防御反応です。

異物や菌、ウィルスから守っています。

カゼをひいたときに
咳が出るのも同じ防御反応です。

のどや気管についたウィルスや菌を
取り除こうとしているのです。

そのほかにも呼吸器系や
胃、横かく膜などが刺激を
受けると咳が出ます。

とくに夜に咳がひどくなってしまう
原因はいろいろあります。

カゼによる鼻水が気道に
流れ込んでしまうこと

布団についているほこりや
羽毛などに対する
アレルギー反応や

気道過敏症という病気などです。

さらに副交感神経が原因になる場合があります。

これは、どういうことなんでしょう?

くわしい理由や対策を
考えていきましょう!

ナゼ副交感神経が咳を??

昼間は交感神経が活発です。

交感神経は
「闘争と逃走の神経」とも呼ばれ

血圧や呼吸、心拍を上げます。

交感神経の作用で
日中、エネルギッシュに
動くことができます。

いっぽう夜は、体を
休めるために副交感神経の
作用が大きくなります。

この状態を副交感神経優位といいます。

寝ている時や食後など
リラックスしているとき
副交感神経が活発になります。

交感神経と副交感神経は反対の
作用をもちます。

副交感神経が活発になると
体を休めようと、筋肉の
緊張をゆるめます。

筋肉がゆるむと、気道が狭くなります。

睡眠時や休息時は必要な
酸素量が活動中より
少なくなるためです。

気道が狭まるとほこりや菌に敏感になります。

そして咳が出る
というわけなんです。

体の防御反応である咳
体を入眠モードに導く副交感神経

この2つが原因で睡眠が
ジャマされるなんて
なんて皮肉なことでしょう(*_*;

寝るときの咳をしずめる方法とは??

咳が出るときは、のどが
乾燥している
ことが多いです。

のどをうるおしてあげましょう!

おすすめは、ホットドリンクです。
冷たいものはNGです!
冷えは気管を収縮させます。

咳を悪化させてしまいます。

食道と気管はとなり同士にあります。

ホットドリンクで
気管を温めましょう♪

ホットドリンクの蒸気ものどや
気道の加湿に一役
買ってくれます。

ホットドリンクには
ぜひ、ハチミツを使ってください☆

ハチミツには
咳止め効果
抗菌、抗ウィルス作用があります。

どうせなら、美味しく飲みましょう!(笑)

ハチミツを入れた紅茶や
ハチミツレモンがおススメです☆

咳に悩まされているときは
夏季でも、ホットドリンクを
飲むようにしてください。

背中を温めることでも
咳をしずめる効果があります。

肩甲骨と肩甲骨の間には
咳やカゼに効くツボが
いくつかあります。

温めやマッサージが有効です。

寝るときの対処法もあります。

寝るときはマスク着用

マスクはのどの乾燥を防ぎ
口や鼻を加湿する効果があります。

異物の侵入も防ぎます。

横を向いて眠る

横向きで寝れば気道が
ふさがりにくくなります。

さらに鼻水やたんが気道へ
入ることも
防ぐことができます。

たったこれだけでも違いますよ!

「夜の咳がなかなか止まらない!」

「上記の対策をとっても
良くならない!」

という場合はほかの
病気の可能性があります。

咳ぜんそくやマイコプラズマ
結核、という病気かも
しれません。

「たかが咳・・・」

と甘く見ずに、早めに
病院へ行きましょう!

ツライ咳!
少しでも楽になるよう
対処してみてください☆