全国の女子のみなさ~ん!

生理前ってイライラしたり
ユウウツだったり
なんとなく体調不良だったり・・・

な~んてこと、ありませんか?

ちなみに筆者は
とても疲れを感じやすくなります・・・

睡眠」に関しての悩みをお持ちの方も
きっと少なくはないはずです!

今回は、「生理前に眠りが浅くなる」
という現象にスポットを当てて
原因や対策を考えていきたいと思います!

なぜ、生理前は眠りが浅くなるの??

まず、女性の体は
生理がある=妊娠が可能
という状態です。

生理が近くなると、体はいつ
妊娠しても良いように

受精卵を守ろう!と頑張りはじめます。

すると女性ホルモンの一種の
黄体(おうたい)ホルモン
というホルモンを出します。

黄体ホルモンはプロゲステロン
とも呼ばれます。

受精卵を子宮へ送り届ける
また、妊娠しやすい体内環境を
つくるという役目をします。

この黄体ホルモンは睡眠にも影響します。

眠気を強くさせ、睡眠の質を
下げてしまいます。

「眠気を強くするなら
眠りが浅くならないんじゃないの?」

と、思いがちですが・・・

人は体温下がってくるときに
眠くなりはじめます。

しかし、黄体ホルモンが影響して
体温が上がってしまい
入眠しにくくしてしまいます。

また、睡眠時間を十分に確保して
いても深い眠りの割合を
減らしてしまったりするんです。

生理が関係する睡眠にまつわる
不快な症状は2つのパターンに分類されます。

途中で目が覚めてしまう
ことが多くなる月経前不眠症

日中強い眠気を感じる月経前過眠症です。

総称として「月経前随伴睡眠障害」
(げっけいまえずいはんすいみんしょうがい)
と呼ばれています。

睡眠はイキイキした毎日に欠かせません。

睡眠の不調をが原因となって
生理前はイライラやその他の
不調が起こりやすくなってしまいます。

不調がちな生理前を快適に!

いくら一時的な症状とはいっても
そのときはとっても不快なものです(*_*;

快適に過ごす方法を考えてみましょう!

生活リズムを整える

生理前後は体内時計も狂いがちです。

こんなときこそ、しっかり規則正しい
生活を心がけましょう!

朝は決まった時間に起き、カーテンを
開けて朝日を浴び、体内時計を
リセットしましょう。

そして3食バランスよく食べてください。
日中は良く活動し、夜はゆっくり
湯船につかり夜更かしなど
しないようにしてください。

冷えにも注意してください。

おやすみ前は、スマホやパソコンに
はなるべく触らないようにしましょう。

アルコールやカフェインも
睡眠に悪影響を及ぼすので
この時期はとくに控えましょう。

心身ともにリラックス

生理前はとってもデリケートな時期です。

眠れないからといって
「眠らなくちゃ!!」と
意識しすぎるのは逆効果です。

眠れないときは音楽を聴いたり
読書をしたりして
のんびりと過ごすのも良いでしょう♪

リラックスが必要です。
肩の力を抜きましょう。

軽いストレッチや
ヨガ、ピラティスも効果的です。

ただし寝る前に激しく体を動かすのは×です。

かえって眠れなくなって
しまいます。

食事も、眠る3時間前には済ませて
おきましょう。

それから、自分に合った寝具を
選ぶなどして寝室の環境を
整えることも大切です。

とくに枕は低すぎても高すぎても×です。

日中に眠気を感じる場合には
思い切ってお昼寝をして
午後を乗り切りましょう!

ただし、お昼寝は30分程度に
しておきましょう。

寝すぎると夜の睡眠に影響します。

おススメの時間帯は
正午~午後2時の間です。

この間にお昼寝しましょうzzz

ゆううつな生理前後を
少しでも快適に過ごせるよう
工夫しましょう♪