お茶はお好きですか??

私は、食後一杯の緑茶を
必ず飲んでいます(^-^)

至福の一杯です♪

食後のお茶は血糖値の
上昇と脂肪の吸収を
抑制する効果があります。

リラックス効果もありますね☆

そんなお茶、実は睡眠にも
良い効果があるんです!!

「テアニン」という物質を知っていますか?

アミノ酸の一種で、うま味にも
関係する成分です。

とくに緑茶に多く含まれます。

乾燥した茶葉の重量のおよそ
1~2パーセントを占めていて
アミノ酸の中では最も多いです。

Exif_JPEG_PICTUREお茶やツバキなど、限られた植物に
しか存在しません。

高級なお茶ほどテアニンが多く含まれます。

90mlあたりの含有量は
抹茶が36mg、煎茶が10mg
ほどです。

睡眠に関する効果のほかにも
いろいろな健康効果があります。

冷えや高血圧、更年期障害や
月経前症候群などにも
効果的です。

テアニンについてもっと知ってみましょう!

選ばれしテアニン!その効き目は?

・寝つきが悪い
・夜、寝ていて何度も起きてしまう
・朝スッキリ目覚められない

こんな症状はありませんか??

このようなお悩みをお持ちの方は
ぜひテアニンを摂ってもらいたいです!

テアニンは摂取されるとまず脳へ行きます。

133血液脳関門(けつえきのうかんもん)
という血液と脳の組織液とのあいだで
ホルモンなどを交換する器官があります。

テアニンはこの血液脳関門を
通過できる限られた物質なんです。

血液脳関門を通って脳細胞へと運ばれます。

そして副交感神経が優位になり

体がリラックスした状態になります。

脳波はアルファ波になります。

アルファ波とは、とくに脳がnc55190
リラックスしたときに
出る脳波のことです。

こうして、テアニンは良い状態で
睡眠を取る準備をしてくれて
いるんですよっ☆

また、テアニンは脳内の
抑制神経は活発に、興奮神経は
落ち着かせるはたらきをもちます。

こうすることで寝つきを良くし
また熟睡できるようにしてくれます。

テアニン、とっても優秀です!

気をつけることは?いつ飲むの?

「テアニンの効果はわかった
けど、昼間に摂っても大丈夫??」

大丈夫です!!

睡眠薬ではないので
即効性はありません。

日中に摂ってもOKです(^-^)

優秀なテアニンさんは、「時間」が
わかっている、といわれています。

どういうことかというと
テアニンを摂取した時間帯により
効果が異なるそうなんです。

昼間はリラックス効果のみで
夜はリラックス効果&入眠作用です。

摂取するタイミングは眠る1時間前が目安です。

テアニンにはとくに副作用は
ありませんが、薬の作用を
強めてしまうことがあります。

テアニンは血圧を下げる効果があります。

ふだん降圧剤を飲んでいる人は
血圧が下がりすぎてしまうことがあります。

注意して下さい!

それから、お茶には
カフェインが入っています。

カフェインには覚醒作用があり
寝る前に飲んでしまうと眠れなく
なってしまう可能性があります。

テアニンを効率よく摂取するには
サプリメントがおススメです。

サプリメントに抵抗のある方は
ノンカフェインのお茶や
紅茶を試してみると良いですよ!

麦茶やハーブティーはもともと
ノンカフェインです。

Y01A134ラベンダーティーは精神安定効果が
カモミールティーは神経を鎮め
不眠に効果的です。

こちらもおススメです☆

また、お茶は利尿作用があります。

寝る前にたくさん飲むと
夜中に何度かトイレに起きる
ことになってしまうかもしれません。

避けた方がいいでしょう。

とくに摂取量の目安やきまりは
ありませんがカフェインなどの影響
を考慮すると

緑茶は1日3~4杯までにした方がいいです。

入れ方にもコツがあります。

テアニンを効率良く摂りたいときは
50~60℃のお湯で2分ほど
浸すと、良く抽出されますよ♪

睡眠にお悩みのアナタ!
身近なお茶で改善してみませんか?