最近やる気・活力不足を感じる

ストレスが溜まっていて
趣味や休日を楽しめない

こんな症状を感じていませんか?

もしかしたら、「ノルアドレナリン
という脳内物質の分泌が不足
しているサインかもしれません!!

ノルアドレナリンは神経伝達物質です。

ドーパミンやセロトニンと並んで
3大神経伝達物質と呼ばれます。

いずれも、心理的ストレスと深い関係があります。

ノルアドレナリンは意欲ややる気を
つかさどり、脳内で覚醒や
睡眠に関するはたらきをします。

また、ドーパミンが快感・快楽に作用する
のに対しノルアドレナリンは不安・不快
という感情に作用します。

ストレスに反応して分泌が起こります。

「ノルアドレナリンが分泌されている
ってことは、ストレスが溜まって
コンディションが悪いってこと??」

いえいえ、ちょっとちがうんです。

ノルアドレナリンがてきどに
正常に分泌されていれば

不安、恐怖、緊張という場面に
あったとき、どう対応したら
良いか適切な判断をする役割を果たします。

そんな場面にはあわないに
越したことはありませんが・・・

自分を守るために必要な機能なんです。

また、ノルアドレナリンは
ほどよい緊張感を持ち集中力を
アップさせ心身をベストな状態に導きます。

パフォーマンスの向上が期待できます。

また、過去に受けたストレスを記憶
学習して、再び同じ状況になったとき

数をこなすごとに
より良い状態で臨める
ようになることができます。

たとえば、大勢の前で
何かをプレゼンするとします。

はじめてのときは緊張でカミカミでも

場数を踏むことでプレッシャーに慣れて
だんだんとそつなくこなせるように
なっていきます。

ノルアドレナリンの分泌が人生を
左右する、といっても過言ではないかも!?

不足するとどうなる?ノルアドレナリン

ノルアドレナリンの良い効果を得るには
バランス良く分泌されていること
が絶対条件です。

分泌が不足してしまうと
関心、意欲がなくなります。

また、ストレスにとても弱くなり
ボーっとしてしまいがちに。

「うつ病」の第一歩です。

イヤな上司がいても、そう簡単に職場を
離れたり退職することはできませんよね・・・

ご近所トラブルが発生しても
状況によりすぐに引っ越し
できるわけじゃありません・・・

このように、対処法の無い精神的ストレス
を長いあいだ受け続けると、徐々に
ノルアドレナリンの分泌が減っていきます。

ノルアドレナリンの分泌不足は避けましょう!

ノルアドレナリンの増やし方!

ノルアドレナリンを増やす
方法を考えていきましょう!

ノルアドレナリンの素となるアミノ酸があります。

チロシンフェニルアラニンです。

チロシンが多く含まれる食品は
大豆製品、乳製品、たらこ
たけのこなどです。

フェニルアラニンも大豆製品や
乳製品に多く含まれます。

他にもピーナッツやごまにも入っています。

チロシンもフェニルアラニン
もアミノ酸です。

タンパク質を多く含む食品に豊富です。

ビタミン、ミネラルもバランス良く
摂ることでより良く吸収されます。

これらの食品を意識して
積極的に摂ってみましょう。

また、これらの食品を食べすぎて
しまったとしても、ノルアドレナリンが
過剰に増えることはありません。

ガツガツ食べましょう!笑

ノルアドレナリンは交感神経を
働かせるために必要となる
物質です。

なるべく働かせる状況を作ると分泌
されやすくなります。

作業や仕事に真剣に取り組むと良いです。

適度な興奮、緊張状態は
ノルアドレナリンが分泌されやすくなります。

ですが、これを長期間続けるのは
難しく、無理をすると分泌が
過剰になるので注意してください。

バリバリやるぞ!というときと
休養をとるときは
しっかり休む、というように

メリハリつけて過ごすのが
ベストでしょう(^-^)